2010年04月21日

第20回 8団BS隊長の巻

T8BS隊長.jpg


私がスカウト活動を開始したのは、約30年前のある日でした。
私の母親が近所の私より1歳年下の小学生の母親と誘いあい
近くの8団にカブ隊員として入団しました。

 当時は隊員も多く、まさか私のような人間が長年スカウト活動に携わっている理由の一つには、スカウトのおきての“スカウトは感謝の心を持つ”です。
本来の意味とは少し違うかもしれませんが隊員当時はあまり進歩に興味を示さず、参加率だけが良かったと思います
 そんな私が、ある年のスキーの活動中(中学生の頃でしょうか?)ローバー隊の先輩スカウトが、アマチュア無線を連絡用に使用しているのを見ました。
その時、興味を持ちその後工業高校に進みました

そして、高校生の春休みに独学で免許を取得しました。
それがきっかけで、就職活動をする時に、今の会社(某通信機器メーカー)を選びました。

 もし、スカウトにならずにスキー活動中の無線に興味を持たずにいたら、今の会社には勤めていなかったと思います。
そんな私は、ボーイスカウト運動に感謝しています。
そして、隊員たちにはいろんな活動を通じて将来に繋げて欲しいと思っています。
そしてそのお手伝いが、私のできる“感謝の心を持つ”の実践だと思っています。

 最後に、約15年CS→BS→VS→BSと隊長を拝命し、和歌山に単身赴任し、寮生活している今現在でも隊長でいられるのは、8団をはじめ皆様のおかげだと思っています。
あと何年活動できるのか、わかりませんが、これからもよろしくお願いします。

写真はBS隊への上進式だったと思います。
当時は隊員も多く8団でも4班編成でした。

ボーイスカウト豊中8団BS隊長 山本 裕
posted by 事務局 at 21:30| 大阪 ☁| Comment(0) | リーダー数珠つなぎ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。