2012年05月03日

第21回 14団VS隊長の巻

ボーイスカウトだって雪山に登るんです!
豊中14団VS隊の登山活動史

1997年、東京の大学を卒業して大阪に戻ると、シニアー隊副長のポストが用意されていました。
当時シニアー隊はメンバーも少なく、活動もあまりしていない状態でした。大学時代、地形学を専攻していたことから、ゼミで氷河地形や高山植物を調査しながら木曽駒ヶ岳に登る機会がありました。その時の感動は未だに忘れられません。
「そうだ、シニアー隊の活動に登山を取り入れよう!」と考え、その夏、御嶽山に登りました。翌年、シニアー隊からベンチャー隊に移行し、隊長をさせて頂くことになりました。メンバーも徐々に増え、夏季プロジェクトには登山を取り入れた活動を実施するようになりました。

1998年夏は北海道遠征での利尻岳登山と礼文島縦走、1999年は韓国済州島遠征でのハルラ山登山、2000年は屋久島遠征での宮之浦岳〜縄文杉縦走を実施しました。2001年からは毎年、北アルプスor南アルプス縦走登山を実施し、2009年には南アルプス南部を1週間かけての大縦走をしました。登頂したピークの数は20座、累積標高差はなんと5000m以上!でした。

我々14団ベンチャー隊はここ数年、雪山登山にも力を入れるようになりました。厳冬期は滋賀県湖西の比良山系や伊吹山をホームグランドとし、スノーシューで日帰り登山を実施しています。新雪の上を自由に動き回れるスノーシューに、隊員たちはすっかりはまっているようです。

ゴールデンウィークは雪山登山と雪上幕営訓練と称し、今年で5回目の遠征となります。2008年は記念すべき初の雪山遠征で白山に登頂しました(テント2泊)。室堂の山小屋群や鳥居がほとんど雪に埋まっていたことに驚きました。2009年は雪の御嶽山に12年ぶりに登頂しました(テント2泊)。C2(キャンプ2)を三ノ池に設けましたが、就寝時、ライチョウの大合唱で眠れなかったです。2010年は遥かな尾瀬♪に遠征し、東北の名峰、燧ヶ岳と至仏山に登頂しました(テント4泊)。凍った尾瀬沼を横断したのがとてもスリリングでした。2011年は北八ヶ岳全山縦走を実施し、10本歯アイゼンとピッケルの使い方を習得しました(テント4泊)。

雪の上にテントを張る方法を説明しておきましょう。@雪崩の危険が少ない場所の選定、Aスノーシャベルで設営場所の整地、B雪山用テントの設営、Cペグの代わりにスノーアンカーを埋め込む、といった流れとなります。
普段の設営より手間がかかります。また、雪の上で寝るのはなかなか大変です。寝ていると地面に接している体の部位が冷やされて、その都度目が覚め体勢を変えます。短くて30分くらいで。よって接地面が少ない横向きでの就寝を余儀なくされます。この横向きでの体勢、左向きより右向きの方が長く眠れます。おそらく左向きだと心臓から流れ出す静脈がすぐ冷やされるからなのでしょう。こんな体験ができるのも雪山ならではです。

昨年の夏、個人山行でヨーロッパアルプス第2の高峰であるモンテローザ・デュフール峰(標高4634M・スイス/イタリア)にトライしてきました。タイムオーバーの為、山頂まであと僅か275Mのところで撤退してきました。しかし、真夜中からの登山、クレバスだらけの氷河歩き、アンザイレン(ザイルで連結する滑落防止手段)など、異国の地で素晴らしい体験をすることができました。いつか隊員やOBたちと海外登山にトライしてみたいものです。

目標はヨーロッパアルプス最高峰のモンブラン登頂です。その為にも日本の雪山で訓練に励まなければなりません。まずは今年の槍ヶ岳登頂プロジェクトです。この記事がアップされている頃はきっと雪と氷と岩の槍ヶ岳登山の真っ最中でしょう!今年こそ雪の上で快適に眠れればいいのですが…。 

豊中14団VS隊 隊長 井 元 成 治


t14imoto.jpg
↑ブライトホルン・サミット(標高4164M・スイス/イタリア)にて…昨日敗退したモンテローザを左奥に望む

豊中14団VS隊登山記録.pdf
posted by 事務局 at 10:43| 大阪 ☁| Comment(0) | リーダー数珠つなぎ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月21日

第20回 8団BS隊長の巻

T8BS隊長.jpg


私がスカウト活動を開始したのは、約30年前のある日でした。
私の母親が近所の私より1歳年下の小学生の母親と誘いあい
近くの8団にカブ隊員として入団しました。

 当時は隊員も多く、まさか私のような人間が長年スカウト活動に携わっている理由の一つには、スカウトのおきての“スカウトは感謝の心を持つ”です。
本来の意味とは少し違うかもしれませんが隊員当時はあまり進歩に興味を示さず、参加率だけが良かったと思います
 そんな私が、ある年のスキーの活動中(中学生の頃でしょうか?)ローバー隊の先輩スカウトが、アマチュア無線を連絡用に使用しているのを見ました。
その時、興味を持ちその後工業高校に進みました

そして、高校生の春休みに独学で免許を取得しました。
それがきっかけで、就職活動をする時に、今の会社(某通信機器メーカー)を選びました。

 もし、スカウトにならずにスキー活動中の無線に興味を持たずにいたら、今の会社には勤めていなかったと思います。
そんな私は、ボーイスカウト運動に感謝しています。
そして、隊員たちにはいろんな活動を通じて将来に繋げて欲しいと思っています。
そしてそのお手伝いが、私のできる“感謝の心を持つ”の実践だと思っています。

 最後に、約15年CS→BS→VS→BSと隊長を拝命し、和歌山に単身赴任し、寮生活している今現在でも隊長でいられるのは、8団をはじめ皆様のおかげだと思っています。
あと何年活動できるのか、わかりませんが、これからもよろしくお願いします。

写真はBS隊への上進式だったと思います。
当時は隊員も多く8団でも4班編成でした。

ボーイスカウト豊中8団BS隊長 山本 裕
posted by 事務局 at 21:30| 大阪 ☁| Comment(0) | リーダー数珠つなぎ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月07日

第19回20団BVS隊長の巻

「余は如何にしてビーバー隊長となりし乎」


 子供(当時年長)の幼稚園の同級生から、ボーイスカウトの活動を一緒に体験してみないかとのお誘いを受けた。それが、4年前のクリスマス会。
 1.いろいろな学年の子供たち、異なった学校のお友達と一緒にいろいろなことができる。2.さらに、大人も参加できてよろしい。(野外活動に興味があったが、今まで全く経験無し。ならば、この活動に“乗れば”できるのでは?)という動機から、子供を入隊させる(もちろん本人の希望があり)。

 そんな中で、隊長の転勤。さて困った、男性リーダーがいない! そこで、リーダーに? という要請。断る理由は・・・考えつかなかった。(いま思えば、ここが運命の分かれ道だった。ここから、転がり“昇り”が始まる)
これが3年前。3本指を立てて、契りの杯!? 隊長は、ベテラン姐さん。
いきなり副長だったが、気楽な気分。

 子供がビーバーから入ったので、ボーイスカウトの活動を全く知らん。
ならば、ちょっくら勉強しようかと研修所へ。(これも転がり昇りだった!)
研修を終えて、やっと、アリ地獄の砂の中にいる事に気付く。

お姐様隊長のボーイ隊への異動作戦発覚!「誰が隊長すんねん?」・・・「ええっ、わたしが?」「ほか誰も研修所行ってへんやん!」 隊長をするのはよい。
しかし、20団のビーバー隊には、隊長をすると必ず“転勤”するという過去の事例あり。
嫌だと拒否するも、誰も叫びを聞く耳持たず。それが、2年前。このとき、上の子カブ隊、下の子年中未入隊。

 で、1年もしないうちに“お約束”通り“転勤”!! 転勤になると“お役目御免”だと思っていたら、単身赴任、愛知県、「毎週帰るやろ?」「は、はい!」で転勤したのにも関わらず、その後2回も隊長に任命され、現在に至る。

 今年、上の子はボーイ隊に、下の子はカブ隊に上進。おとうちゃんは?
会社での出世がこんなにトントン拍子だったらいいのになあ!
 まだまだ、団の内外から教えて頂く事がたくさんあります。今後ともよろしくお願い申し上げます。(←抜け出す気は無いんかい!?)
豊中20団 ビーバー隊長 升田裕久


posted by 事務局 at 23:10| 大阪 ☁| Comment(0) | リーダー数珠つなぎ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月20日

第18回4団CS隊長の巻

「CSになって」

 明けましておめでとうございます2009年もあっという間に終わり、2010年が駆け足でやってきた。
CS隊の隊長になって2回目の新春だ。CS隊に関わる事なんて自分がデンコーチをやった時以来だ。
以前BS隊で副長をしている時もあまり真面目に活動はしていない方だったので隊長だったSさんやOさん他リーダー方々にはお世話になった。(ありがとうございました)

そんな僕が隊を動かしていく事になり、改めて自分の子供の頃を思い出すが、「ワイドゲーム中とにかく暑くて辛かった」「自分より大きな荷物を担いで登りしんどかった」「組で支度遅くて怒られた」等、いつも同期で同じ組だったT君と乗り越えた辛かったエピソードが先に出てくる。(僕らより先輩の方はもっとワイルドな経験をなされてると思いますが・・・)

 CS隊はスカウトが小学生ということもありボーイスカウトに親しめる様な楽しい、簡単な事をとする思いも大切だが、少し苦い経験があっても数年後振り返った時、「あの時は大変やったよなぁ〜」と仲間と同じ時間を共有した記憶が濃く残るというものはいいものだと思う。僕自身今でもT君と話すと必ず当時の話で盛り上がる。

 こんな様に即効性はなくても数年しがんでいると味が出るようなものも計画していけたらと思う。ひょんな事からする事になった隊長の役は垂直立ち上げだが、ブレない様に進めていきたい。

 仕事の都合で自身がラウンドテーブルに出席は出来ないため地区の方々にはお世話になる事が多いと思いますが、2010年も4団CS隊をよろしくお願いします。

豊中第4団CS隊長 山中拓馬

posted by 事務局 at 22:13| 大阪 ☁| Comment(0) | リーダー数珠つなぎ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月09日

第17回 21団VS隊長の巻

「今年の晩秋」
     
いつの間にかすっかり寒くなり、もう晩秋の感じさえする今日この頃であるが、
私も今年8月で定年を迎え、私の人生も晩秋に向かいつつある。

ところで、この前の団行事の時にビーバースカウトの子供から「おじいちゃん」と呼ばれて、俺か?と驚いた。
 しかし、その子供には間違いなく私が一人のおじいちゃんに見えたのだろう。
そのことがあってから、俺はこの年でベンチャー隊の隊長をしていてよいのだろうかと自問自答しながら、引き際を探るようになった。

 そんな沈みがちなある日、団委員長から呼び出されて団本部に行くと、BS隊のリーダー達が集まっており、さてどうして俺が呼ばれたんだろう?という思いで席に着いた。

聞くとBS隊長が結婚間近で、仕事の繁忙期と重なって三ヶ月間ほど活動が出来ないとのこと。
副長連中もそれぞれ事情があって、隊長の代わりがいない。
結婚のことは知っていたが、まさか自分に臨時隊長を頼まれようとは予想もしていなかった。

 みんなが注視する中、私は平静を装いながらも心の中で実は喜んでいた。
濡れ落ち葉同然の私を、未だ頼ってくれる。未だ必要とされている。
それまで沈んでいた心がいっぺんに晴れ、頭の中はこれからの活動のことでいっぱいになった。
 そんな心も知らず、みんな私が臨時隊長を断るのでは、と心配そうな目で見つめている。

 しかし、私はというとBS隊のスカウトとは日頃から良く話をしていたし、今年の夏キャンにも奉仕で参加したりして気心も知れている、何の支障も無い。
むしろ最適な人事だと思っていた。

私が臨時隊長を請けるか、断るか、そんな事には触れず、直ぐに来月からの活動について話し出したので、みんな何事も無かったかのように、話が進んでスムースに引き継ぎが終了した。
 引継ぎ終了後、団委員長にベンチャー隊長交代の要請をお願いしておいた。

そろそろ新旧交代の時期であることを伝え、意中のリーダーの名を告げた。
寂しさは否めないが、ちょっぴり明るさが見えた今年の晩秋である。

豊中21団ベンチャー隊隊長 千村正雄
posted by 事務局 at 22:16| 大阪 ☁| Comment(0) | リーダー数珠つなぎ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月31日

第16回 2団BS隊長の巻

私の取り扱い不注意で、中通しが(数珠をつなぐ紐)切れてしまった為、紡いでおりました。少々時間が掛かりましたが、頑丈な中通しが出来ましたので、今後途切れることは無いと確信しております。
あっ、副コミの「やかましーわっ!!」が聞こえてきましたので、言い訳はこの位にしまして、本題に入って行きたいと思います。

 どこの団にも必ずいらっしゃると思います、「雨男、雨女」。だいたい、その方が行事に来ると雨が降らないことが無いからこそ、この代名詞で呼ばれているのだと思いますが、私の知っている、「雨男」は、なんと、現地へ来ずとも電話1本で、雨を呼び込みます。
 12NJに大阪5隊の副長として参加した際のことです。開催4日目も無事に終わり、明日の閉会式のミーティングを行っているところに、その電話は鳴りました。

究極の雨男「ごくろーさん。どうや、隊員は元気か?」
私「みんな元気ですよー、初日から雨が多くて可哀想でしたけど。」
究極の雨男「さよかー、あと2日や体調管理だけしっかりしとけよー。」
私「了解しましたー。明後日には帰りますので、岡町の王将行きましょう。」

こんな会話を終えミーティングを再開していると、突然風が強くなり、雷が鳴り、バケツをひっくり返したような、雨が降り出し、あっという間に辺り1面が水溜りになる暴風雨となりました。スカウト時代この「雨男」が隊長だったおかげで、雨の降らない野営を知らなかった為、それなりの対応・対策は心得ていましたが、水溜りに浮いているスカウトのロールマットを見つめながら、「恐るべし雨男・・・。」と呟いたことを覚えています。

最近、地区内にひょっとして「究極の雨男?」と思われる候補者がいらっしゃることに気付きました。この方を中心にRT行事を行うと必ずどこかで、雨が降ります。(誰とは言いませんが・・・。)

と言う事は、地区キャンポリーの開催が決まりましたが、間違いなく雨が降ることでしょう。今から、雨に強い豊中地区目指して訓練しておく必要があると同時に、BSRTでは「究極の晴れ男、晴れ女」を募集いたします。我こそはという方、究極の高○副コミまで、御一報願います。

皆さんで目指しましょう!!雨男に負けない豊中地区を・・・。

豊中2団 BS隊長 間島 務

posted by 事務局 at 21:01| 大阪 ☁| Comment(0) | リーダー数珠つなぎ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月15日

第15回 22団VS隊長の巻

「伝説」という名の笑い話

さぁ、やってまいりました「隊長数珠つなぎ」(笑)偶然とは恐ろしいもので、富士表敬スカウト募集の推薦書が書き終わって脱力した瞬間、依頼のメールが飛び込んできました。
えぇ、そのまま見なかった事にして、頭の隅に押し込んでいたのですが、善良なる私の事、良心の呵責に耐えきれず、これはイカンという感じで書き始めた次第です。正直、偽善と欺瞞に満ちた固い文章は書き飽きたので気楽に、楽しく進めていきましょう。

振り返ってみるとBVSの試行隊時代からの入隊なので、ずいぶんどっぷりやってきたなぁってところでしょうか。色々なことがありましたし、それぞれの年代に思い出はありますが、シニアー時代から隊の運営に関しては好き勝手させてもらって、そのままVS隊に居座続けて10年ほどで活動しています。おかげで感覚がVS隊からなかなかはなれません(逆に言うと、CS以下のスカウトとはなかなかご縁がございませんね)。
 何をしているのか解りづらいとして有名なVS隊ですが、ある意味、一番無茶するのがVS年代のだと個人的には思います。ある程度の経験のある皆さんには、おそらく思い当たる節があると思いますが、活動中の信じられないような失敗談や、偶然としか言いようの無い奇跡的面白話を、私の団では「伝説」という名で呼んでいます。今だから笑える話というのが多いですが、きっと多くのスカウトが持っているんじゃないかなぁ。

 ちなみに、私の個人保有している「伝説」は「マトン事件」と呼ばれています。詳細は秘密ですが聞きたい方は個人的にお聞きください。「伝説」とか今になって言われていますが、当時は爆笑されたり、ネタにされたりで大変でした。それでもいい思い出ですね。

よく考えると、無難に始まって無難に終わったキャンプなんて、記憶にも残っていません。苦しいキャンプやトラブルだらけのキャンプの方が記憶に残るし、そんな中でしか伝説は生まれないです。その時は嫌な事が多いと思いますが、後になって、いつまでも話題に残る「伝説」を1つでも多く作って、歴史に名を残すスカウトが一人でも多くなればいいと思います。

みんなで、これからのスカウトにも「伝説」を持てるように、怪我をしない程度にガンガン無茶をしましょう。きっと、忘れられないような思い出がいっぱい出来上がると思います。あっ、指導者の皆さん、「伝説」は指導者でも作れます。どんどん作って笑い飛ばしましょう。

そうそう、蓋を開けずに缶詰をバーナーにかけると、チンチンチン・・・といい音が鳴ります。その後に爆発しますので一度お試を(注:安全は保証しません)
22団VS隊 植村 香治

次回予告:「若手中心でしばらく回ればいいかなぁ?」の巻
posted by 事務局 at 23:28| 大阪 ☁| Comment(0) | リーダー数珠つなぎ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月04日

第14回 4団BS隊長の巻き

「運命って??」

まず始めに・・・前回の則次様の隊長数珠つなぎ。拝見させていただき、一発目に思ったこと。
「うわ!絶対回ってくる!!(笑)」
みごと予感的中!ご指名ありがとうございました。一筆書かせていただきます。

 兄がカブスカウトの制服を着だして、いずれは僕も着るんだなあと思いながら、その流れでやはりボーイスカウトに入団していました。(弟もそんな感じ)
活動をまじめに参加していたか?そうではなく、中学〜高校まで、部活動(硬式テニス)をやっていて、練習や試合などに多く出ていたためなかなかボーイ活動まで参加できなかったのが、私のスカウト時代。
ほぼ幽霊隊員でした。

 手に職をつけるため、地方の専門学校に行き、存在すら消えかけ、就職を向かえ豊中へ帰ってきたその時、同期の友達に「一緒にリーダーせえへんか?」と声を掛けていただき、リーダーをすることになりました。
リーダーになって軌道に乗って、3年経ったある日、某自動車ディーラーの不祥事により、仕事に追われ、活動自体行けなくなり、一端席をはずすことになりました。

ここから本題。「運命って??」

 席をはずして約4年・・わが4団は発団50周年記念を迎えていました。
私の母は、長く4団の組織委員として活躍し、OBとして記念式典に招待されていました。(私は招待されず・・)式典当日なんと母が体調不良で欠席することに。「あんた〜参加費もったいないからいっといでえ〜」その一言が今となっては運命。こそっと参加して帰るつもりが、先輩(現ローバー隊長)に捕まり、酔った勢いでまたもやリーダーをすることに・・そしてなんやかんやで隊長に・・

 今日まで約3年隊長を続けていけるのは、いろいろな方のサポートがあってできていると思います。団関係者、先輩、同僚、後輩、みんなでがんばって、このすばらしい活動を広めていき、そして続けていきたいと思います。
次の運命は・・将来のお嫁さんとの出会い??      違うか!!(笑)


                  
豊中第4団 BS隊長  大宮 隆尚

posted by 事務局 at 00:21| 大阪 ☔| Comment(0) | リーダー数珠つなぎ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月17日

第13回 3団BVS隊長の巻

「なが〜い お付き合い」


 隊長数珠つなぎ。とうとう回ってきましたか。何を書いたら良いのか悩みます。みなさん文章がうまいですからね。スカウト時代の思い出。指導者になった経緯。思い出のキャンプ・・・。悩んだ末、小寺正人さん(現豊中第3団育成会長)とのお付き合いについて書かせて貰います。
 私が12歳ボーイ隊で中学1年生の時、大阪ではお祭り騒ぎでした。そうです大阪万博が開催されていたのです。1970年8月に全国のボーイスカウトが集ってロープ回し、手旗での人文字など「お祭り広場」で大会が行われました。
 私もこの大会に参加することが出来ました。そしてフィナーレは参加者全員が入り乱れてのドンチャン騒ぎ。そのとき誰かに肩車をしてもらい写真を撮ってもらった記憶がありました。その肩車をしてくれた人が当時シニア隊の小寺さんでした。
 なぜその人が小寺さんだってわかったのか。私が18歳の時BS隊の副長捕となり、あるリーダー会議の席でなぜかこの大阪万博の話題になりました。私が「誰かに肩車をしてもらって写真を撮ってもらったよ。」って言ったら、そのとき隊長だった小寺さんが「誰かわからんけど、かわいい子を肩車して写真を撮ったぞ。」と言って押し入れからアルバムを引っ張り出してきました。
そこに写っていたのは、まぎれもなく私でした。
 小寺さんとはそれ以来33年間同じ3団で指導者としてスカウト活動を続けています。その当時のBS隊の指導者には、今も一緒に活動を共にしている河合さんや吉田さんもいます。もう少し、さかのぼると私が3団に入団して初めてのカブ隊(当時年少隊)の舎営が岡山の下津井でした。その時のデンコーチが小寺さんだったそうです。吉田さんもその舎営に参加されていました。そのときの記憶はありませんが。当時カブ隊は8組編成でしたから無理もありませんね。でも小寺さんとのお付き合いはこの舎営から始まっているのです。1965年43年前のことです。
 私も50歳をこえましたが、人生の大半を小寺さんや河合さんと共にスカウト活動を続けてきました。こんな「なが〜い お付き合い」ができる活動が他にあるでしょうか。
 小寺さんは今もBVS隊副長として私を支えてくれています。皆さんも同じことを感じているとは思いますが、少年野球、サッカー、クラブ活動、塾、様々な理由でボーイスカウト活動から去っていくスカウトは数多くいます。残念なことです。
 私の娘(美希)もビーバー隊から入団して昨年から副長捕として活動を続けていますが、今までスカウト活動をしながら習字、そろばん、ダンス、ピアノ、アイススケート、吹奏楽、射撃、アルバイト、恋愛、ありとあらゆる習い事、クラブ活動などをやってきました。途中何度もボーイスカウトをやめたいと言っていた美希は言っています。「ボーイスカウトを続けてきて良かった。」と継続は自信に繋がっています。
 最後にもう一度言います。「なが〜い お付き合い」それができるのがボーイスカウト活動です。素晴らしい活動です。
      
豊中第3団BVS隊隊長 則次 亮介

posted by 事務局 at 10:27| 大阪 ☀| Comment(0) | リーダー数珠つなぎ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月05日

第12回 6団CS隊長の巻

私のスカウティング


地区の皆様、いつも色々と大変お世話なり有難うございます。
私のスカウト活動は、周囲の皆さんの助けもあり活動が出来る事が嬉しく思います。
今回地区のHPに掲載させて頂く当り、何をシェアさせていただいたらと思いました。
私なりに活動を“Enjoy”するに当り思っている事を、掲載させて頂きます。

スカウト活動とは???
子供達を伸び伸びと自由な発想を抱かせながら社会へ貢献できる成人へと育成させる事だと私は思いますが、その本質が低迷しているように感じています(今の世の中に流されているように)。

しかし、スカウトも指導者も、活動を通じてお互いが刺激しあい楽しい活動が出来る事が大事だと感じます。

活動の主は、“スカウト達”である事を思い毎年振り返りながらプログラムを立案する基本を、ついつい周囲を気にしながらの活動計画を立ててしまい、思考を狭くしてしまい楽しむ事が低下していまい反省が着きません。

そこで私は、活動でスカウト達と今の笑顔を大事にしようと伝えています。
辛い時、悔しい時、腹が立つ時、悲しい時、悩んでいる時は、話しかけてね。共に話そうよ。

それでも自分の何とかしようとしているスカウトには、歩み寄り、問いかけ一緒に解決しようと話します。歩みよって行動する事が、すごく大事だと思います。

そんな時、“有難う”とスカウトから礼を言われた時嬉しく思いますし、そんな時の笑顔が、印象的です。笑顔ってとても大事と思っています。

私は、スカウト活動を楽しんでスカウト達に笑顔を広げていきます。


ボーイスカウト豊中地区第6団
原 眞仁
posted by 事務局 at 21:24| 大阪 ☁| Comment(0) | リーダー数珠つなぎ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。